機密文書の処理

【環境への取組みと機密保持・漏洩防止】

地球環境保全・温暖化防止などの環境への配慮を含めた取り組みで、ISO14001を認証取得する企業がだいぶ増えております。
また、企業の評価の1つにもなってきています。
環境面では紙のリサイクルが不可欠ですが『普段使われている紙類はリサイクル処理しているが、機密文書は焼却処理をしている』企業が多いようです。
また、平成15年「個人情報保護法」が成立し、本年度4月1日(平成17年4月1日)より民間企業へ適用されます。
今後、益々機密情報の管理や漏洩には厳しく扱わなくてはなりません。
環境への取り組みが企業の評価の1つとなりつつあるように、機密漏洩防止も企業の評価の1つになると考えられます。

個人情報保護法

企業側の不手際により個人情報が流出した場合、民事での損害賠償に加え行政処分の対象にもなります。
6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金

詳しくは⇒平成16年10月 経済産業省 個人情報の保護に関する法律についての経済産業分野を対象とするガイドライン (修正案)が以下URLにて閲覧できます。
http://www.meti.go.jp/feedback/downloadfiles/i41013ej.pdf


「環境と機密保持」私たちはリサイクルを通じてお手伝いをいたします!


月末や期末に集中して大量発生する使用済み文書の裁断に、
必要な時にご利用できる機密文書出張裁断サービス車
それがエコポリスバンです!
エコポリスバン
エコポリスバンが機密文書を出張裁断します。
【サイドリフター】
車上への文書の運搬効率を高めたコンパクトなサイドリフター。台車ごと作業室内に文書を運びます。
【操作パネル】
操作と制御部を1箇所に集約した集中コントロールパネル。細断開始のスタートスイッチはダブルスイッチを採用し、安全性を高めています。
【破砕ユニット】
強力破砕ユニットはコンパクトでありながら、高い細断能力をほこり、お客様の立会い時間も短時間です。
【ストックルーム】
大量の細断古紙を積載可能なストックルーム。細裁後の紙を完全密閉型の部屋に収納しますので、セキュリティも安心です。
【車外排出】
自動排出機構を標準装備。古紙ヤードへの搬入作業がスムーズに終了します。

古紙回収システム
1.出 勤 2.計 測 3.投 入
お客様との約束の日に現地へ出動します。細断文書は軒下までご準備下さい。 処理する文書の重さを計測します。 一括投入方式のスピーディな細断作業
4.細 断 5.圧 縮 6.排 出
驚異のカッティング力でお客様の立会い時間の大幅短縮を実現。 細断古紙はかく拌されながらストックルームに貯留されますので、機密保持の精度はさらに高まります。 細断古紙は自社再生工場で排出され、製紙原料として再資源化されます。


機密文書専用回収車両 機密文書出張裁断サービス車
トラックスケールで計量 コンベアーに投入
ビニールフィルムで梱包 プレス加工された古紙
倉庫に一時保管 自社トラックにて製紙工場へ出荷
製紙工場にて古紙の取降ろし 溶接前のプレスした古紙
溶解された古紙1 溶解中の古紙 釜入れされる古紙
溶解された古紙2 溶解された古紙を洗浄 古紙から出たスラッチ
段ボール原紙 段ボール古紙

会社名 株式会社 山傳商店
所在地
本 社 〒984-0805 仙台市若林区南材木町59
営業本部
(第三工場)
〒984-0002 仙台市若林区卸町東1-9-37
電話 022-232-0945
FAX 022-232-0946

ひとつ前の画面へ